京成電鉄とその歴史

京成電鉄は1897年から歴史を歩み始めたのですが、当初は現代のように都市部と郊外を結ぶ移動手段という役割ではありませんでした。
それは1897年に成田山新勝寺に参拝する参拝客が大幅に増え、成田鉄道が開業した事が関与しています。
日露戦争の直後という事もあり経済状況は決して良くなかったものの、成田鉄道ともう一つの鉄道会社の柴又から金町の間の区間を買収し京成電鉄を立ち上げました。
京成電鉄に限った話ではないのですが、都心部は街の移り変わりと成長が顕著なので、高度経済成長期には特に鉄路の延伸を繰り返していきましたが、中でも京成電鉄は突出して延伸を繰り返していった歴史があります。
特に1930年の4月に現在に通ずる京成成田駅を設けた事は京成電鉄の存在感を確固たるものにする所以となり、同年10月に相次いで行われた他社の吸収合併によって青邸と日暮里感を開通し、次いで日暮里から上野間も開通させました。
当時は地方部から列車に揺られ、集団就職で東京に上京するという事が通例であったため、東京の鉄道の玄関口とも言える上野に京成電鉄が乗り入れした事は、京成電鉄が都市部の都民だけのものではないという印象を植え付けるきっかけになりました。

鉄道グッズ買取専門店「くじら堂」では京成電鉄の鉄道部品・放出品などの買取にも力を入れております。
また京成電鉄を走った鉄道模型、関連する鉄道書籍、資料、硬券、DVDなどもまとめて買取可能です。
鉄道グッズ全般の整理をお考えの方がいましたら、ぜひ鉄道グッズ買取専門店「くじら堂」にお任せ下さい。

京成電鉄とその歴史


よろしければシェアお願いします

2018年3月に投稿した鉄道グッズ買取 くじら堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

お問合せ・買取のご依頼はこちら 鉄道グッズのほか玩具やコレクションアイテム 古本などもまとめて買取りできます!!

お電話からのお問い合わせは 0120-66-7457

受付時間:9:00~18:00定休日:月曜日

「鉄道買取専門店くじら堂」 出張対応サービスエリア

東京・埼玉・千葉を中心に上記の1都9県に出張買取りに対応しております。詳しくはこちらをご確認ください。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

宅配買取りは、日本全国対応しております。※無料で宅配買取キットをご用意致します。

<鉄道グッズ買取専門店 くじら堂> 〒332-0003 埼玉県川口市東領家1丁目7-4-101 TEL:0120-66-7457 受付時間:9:00~18:00

 

古物商許可 埼玉公安委員会 第431030028350号

運営会社:株式会社イーライフ

PAGE TOP