仙台空港鉄道とその歴史

仙台空港鉄道とその歴史

仙台空港鉄道は、その名前の通り仙台空港と宮城県の名取駅を結ぶ連絡鉄道です。仙台空港から繋がる鉄道構想の歴史は昭和の終わりからありましたが、実際に会社として設立されたのは2000年に入ってからです。JR東日本と宮城県をはじめとする数多くの自治体が出資して誕生した第三セクター企業であり、山形県も出資に加わるなど幅広いビジョンを持って作られました。
2002年の着工後はシンボルマークが一般公募によって決定し、2007年に運行が開始されました。主な目的は空港のアクセスという役割ですが、交通ということを活かして沿線を活性化させる目的も視野に入れて考えられています。宮城県の中心地である仙台駅からはJR東日本が運営する東北本線が繋がり、アクセスする形で空港へと連絡します。
2011年には東日本大震災によって各地の線路が損傷したり、一部のトンネルが浸水し、機械が津波によって使用できない状態になるなど、運行ができない被害を受けました。その間の運休によって財政的に圧迫を受けたため、宮城県が一部の施設を買い取る形になり、第三セクターによく見られる上下分離方式が導入されています。始発の繰り上げや本数の増加など、経営改善で試行錯誤が繰り返されている鉄道です。

鉄道グッズ買取専門店「くじら堂」では仙台空港鉄道の鉄道部品・放出品などの買取にも力を入れております。
また仙台空港鉄道を走った鉄道模型、関連する鉄道書籍、資料、硬券、DVDなどもまとめて買取可能です。
鉄道グッズ全般の整理をお考えの方がいましたら、ぜひ鉄道グッズ買取専門店「くじら堂」にお任せ下さい。


よろしければシェアお願いします

2018年4月に投稿した鉄道グッズ買取 くじら堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

お問合せ・買取のご依頼はこちら 鉄道グッズのほか玩具やコレクションアイテム 古本などもまとめて買取りできます!!

お電話からのお問い合わせは 0120-66-7457

受付時間:9:00~18:00定休日:月曜日

「鉄道買取専門店くじら堂」 出張対応サービスエリア

東京・埼玉・千葉を中心に上記の1都9県に出張買取りに対応しております。詳しくはこちらをご確認ください。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

宅配買取りは、日本全国対応しております。※無料で宅配買取キットをご用意致します。

<鉄道グッズ買取専門店 くじら堂> 〒332-0003 埼玉県川口市東領家1丁目7-4-101 TEL:0120-66-7457 受付時間:9:00~18:00

 

古物商許可 埼玉公安委員会 第431030028350号

運営会社:株式会社イーライフ

PAGE TOP