秩父鉄道とその歴史

秩父鉄道とその歴史

秩父鉄道は埼玉県の北部に路線を有する鉄道で羽生駅から三峰駅までが営業区間となっています。1900年に熊谷から寄居間の工事が始められ、翌年1901年(明治34年)10月に開通しています。現在、日本で営業中の私鉄としてはかなり古い歴史を持っているのが特徴です。寄居町までは順調に工事が進められましたが、その後は経営難から資金繰りに悩まされ波久礼駅は8年間終点駅のままでした。1911年に波久礼から金崎間が開通されましたが、まだ荒川を横断することはなく金崎駅、のちの秩父駅が終点です。現在の秩父市に到達したのは、工事が行われてから14年後の1914年にもなります。この年でやっと荒川をまたぐようになりました。1922年には蒸気機関車から電気機関車への転換を図っています。関東よりも東の区域では電化の第一号となり、日本国内においても3番目の早さです。1930年には羽生から三峰口間までが全線開通となり現代の基盤ができあがりました。
秩父鉄道の歴史は日本と歩んできた歴史とも言えます。蒸気機関車からの転換や開通と開業を繰り返し、時には廃線をしながらもその範囲を広げてきました。実は秩父鉄道ではPASMOやSuicaが使用できません。ICカードが使用できないのは秩父鉄道だけで、非常に趣のある鉄道だと言えます。

鉄道グッズ買取専門店「くじら堂」では秩父鉄道の鉄道部品・放出品などの買取にも力を入れております。
また秩父鉄道を走った鉄道模型、関連する鉄道書籍、資料、硬券、DVDなどもまとめて買取可能です。
鉄道グッズ全般の整理をお考えの方がいましたら、ぜひ鉄道グッズ買取専門店「くじら堂」にお任せ下さい。


よろしければシェアお願いします

2018年4月に投稿した鉄道グッズ買取 くじら堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

お問合せ・買取のご依頼はこちら 鉄道グッズのほか玩具やコレクションアイテム 古本などもまとめて買取りできます!!

お電話からのお問い合わせは 0120-66-7457

受付時間:9:00~18:00定休日:月曜日

「鉄道買取専門店くじら堂」 出張対応サービスエリア

東京・埼玉・千葉を中心に上記の1都9県に出張買取りに対応しております。詳しくはこちらをご確認ください。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

宅配買取りは、日本全国対応しております。※無料で宅配買取キットをご用意致します。

<鉄道グッズ買取専門店 くじら堂> 〒332-0003 埼玉県川口市東領家1丁目7-4-101 TEL:0120-66-7457 受付時間:9:00~18:00

 

古物商許可 埼玉公安委員会 第431030028350号

運営会社:株式会社イーライフ

PAGE TOP