木鉄道とその歴史

木鉄道とその歴史

木鉄道とは、木でつくられた鉄道のことを意味しています。鉄道の歴史をみると、日本で江戸時代の後期ごろにすでに鉄道を走っていました。自動車がなかったころの鉄道は、人々の移動のシ団によりもむしろ貨物の方が重視されていた傾向があります。貨物列車として荷物を運ぶことが多く、当時馬車で荷物を運んでいた時代ですのでかなりの進化を遂げたことになります。その当時、路線は当然鉄でしたがまくら木などは木でできていたのが特徴です。昭和の中期ごろまでは木でできたまくら木を利用していましたが、長時間経過するといわれてしまうなどの問題や水に弱いといった問題もありますので定期的なメンテナンスが必要なだけでなく交換頻度も高かったです。
現在ではほとんどありませんが、鉄橋なども昔は木材を使っておりその上を20トン以上ある列車が走行していました。特に危険なことはありませんでしたが、やはりメンテナンスが非常に重要になったわけです。ですが最近は、木を利用せずほとんどがコンクリート製のまくら木を利用したり、コンクリートと鉄で補強した橋げたを利用して橋を造っているのが特徴になります。

鉄道グッズ買取専門店「くじら堂」では木鉄道の鉄道部品・放出品などの買取にも力を入れております。
また木鉄道を走った鉄道模型、関連する鉄道書籍、資料、硬券、DVDなどもまとめて買取可能です。
鉄道グッズ全般の整理をお考えの方がいましたら、ぜひ鉄道グッズ買取専門店「くじら堂」にお任せ下さい。


よろしければシェアお願いします

2018年7月に投稿した鉄道グッズ買取 くじら堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

お問合せ・買取のご依頼はこちら 鉄道グッズのほか玩具やコレクションアイテム 古本などもまとめて買取りできます!!

お電話からのお問い合わせは 0120-66-7457

受付時間:9:00~18:00定休日:月曜日

「鉄道買取専門店くじら堂」 出張対応サービスエリア

東京・埼玉・千葉を中心に上記の1都9県に出張買取りに対応しております。詳しくはこちらをご確認ください。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

宅配買取りは、日本全国対応しております。※無料で宅配買取キットをご用意致します。

<鉄道グッズ買取専門店 くじら堂> 〒332-0003 埼玉県川口市東領家1丁目7-4-101 TEL:0120-66-7457 受付時間:9:00~18:00

 

古物商許可 埼玉公安委員会 第431030028350号

運営会社:株式会社イーライフ

PAGE TOP