青函トンネル記念館とその歴史

青函トンネル記念館とその歴史

青函トンネル記念館は、北海道と本州を結ぶ鉄道専用トンネルである青函トンネルの歴史や工事の際に使用された技術などの資料が集められた博物館で、北海道松前郡福島町と青森県東津軽郡外ヶ浜町の2箇所にあります。
青函トンネルが開通したのは1988年3月ですが、福島町にある青函トンネル記念館が道立の施設として開館したのはまだ建設途中だった1973年10月です。この施設は建物の老朽化や入館者数が次第に減少していったことなどを理由に2002年10月末で閉館してしまいますが、後に町立の記念館として再出発することになり、改築等の工事を経て2005年10月に再オープンしました。現在は4月から11月までの間、無休で開館しています。
一方、外ヶ浜町の青函トンネル記念館は、トンネルの開通とともに完成しました。こちらの記念館は体験ツアーが用意されており、ケーブルカーで海面下140mの地点まで降り、工事の際に使われた地下坑道を歩くことができるのが特徴です。竜飛海底駅が2013年11月に休止されるまでは、この駅からケーブルカーを利用して地上の記念館に訪れることも可能でした。1999年8月にはこの記念館を含む当地の施設全体が道の駅に登録されています。

鉄道グッズ買取専門店「くじら堂」では青函トンネルの鉄道部品・放出品などの買取にも力を入れております。
また青函トンネルを走った鉄道模型、関連する鉄道書籍、資料、硬券、DVDなどもまとめて買取可能です。
鉄道グッズ全般の整理をお考えの方がいましたら、ぜひ鉄道グッズ買取専門店「くじら堂」にお任せ下さい。


よろしければシェアお願いします

2018年8月に投稿した鉄道グッズ買取 くじら堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

お問合せ・買取のご依頼はこちら 鉄道グッズのほか玩具やコレクションアイテム 古本などもまとめて買取りできます!!

お電話からのお問い合わせは 0120-66-7457

受付時間:9:00~18:00定休日:月曜日

「鉄道買取専門店くじら堂」 出張対応サービスエリア

東京・埼玉・千葉を中心に上記の1都9県に出張買取りに対応しております。詳しくはこちらをご確認ください。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

宅配買取りは、日本全国対応しております。※無料で宅配買取キットをご用意致します。

<鉄道グッズ買取専門店 くじら堂> 〒332-0003 埼玉県川口市東領家1丁目7-4-101 TEL:0120-66-7457 受付時間:9:00~18:00

 

古物商許可 埼玉公安委員会 第431030028350号

運営会社:株式会社イーライフ

PAGE TOP