鉄道部品のサボとは

鉄道部品のサボとは
昔の列車の写真や映像を見ると前面や側面に行き先などを示している板が付いています。
現在は少なくなったこの板は行き先板ともサインボード、サイドボードとも呼ばれ略語となったのがサボです。
列車などの交通機関に乗車する場合は行き先を確認する必要があり、列車であれば車体の先頭部分と側面に表示される行き先板を見て確認します。
現在は電光掲示板やロール式が主流となっていますが、昔のホーロー製は重量感があり、経年による傷や剥がれも部品を味わい深いものにしています。
特にJRが日本国有鉄道だった頃に吊り下げられていたホーロー製の行き先板は、ホーロー看板の王様ともいわれ熱烈なマニアがいます。6両編成の列車であれば、左右で12枚の行き先板が吊り下げられています。

鉄道グッズ買取専門店「くじら堂」では鉄道部品の買取にも力を入れております。
鉄道部品の整理をお考えの方がいましたら、ぜひ他の鉄道グッズと一緒に、鉄道グッズ買取専門店「くじら堂」にお任せ下さい。


よろしければシェアお願いします

2018年11月に投稿した鉄道グッズ買取 くじら堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

お問合せ・買取のご依頼はこちら 鉄道グッズのほか玩具やコレクションアイテム 古本などもまとめて買取りできます!!

お電話からのお問い合わせは 0120-29-3199

受付時間:9:00~18:00定休日:月曜日

「鉄道買取くじら堂」の出張対応サービスエリア

東京・埼玉・千葉を中心に上記の1都9県に出張買取りに対応しております。詳しくはこちらをご確認ください。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

宅配買取りは、日本全国対応しております。※無料で宅配買取キットをご用意致します。

<鉄道グッズ買取 くじら堂> 〒332-0003 埼玉県川口市東領家1丁目7-4-101 TEL:0120-29-3199 受付時間:9:00~18:00

 

古物商許可 埼玉公安委員会 第431030028350号

PAGE TOP