ゆりかもめとその歴史

ゆりかもめとその歴史

東京のお台場を走る無人運転という画期的な鉄道として知られているゆりかもめは、開業当時は観光一色でしたがお台場地域が住宅地や企業のオフィスが多くなると通勤の足としても大活躍しています。そんなゆりかもめの歴史は鉄道界の中ではまだまだ新しいほうです。開業は1995年の11月1日でまずは新橋駅から有明駅までででした。2002年には途中に汐留駅が新設されて、より利用者が増えました。この路線が開業してから新たにお台場地域に進出する企業や大学などが増えたこともあり、観光目的の乗客とともに予想以上の利用者がおり黒字路線となっています。その後、2006年に今の終点である豊洲駅まで延長し、全長14.7キロとなっています。正式な鉄道名は開業当時は東京臨海新交通株式会社でしたが、他の鉄道名と紛らわしいことや通称名のゆりかもめのほうが認知度が高いことから、1998年には株式会社ゆりかもめと社名変更をしました。運転は無人で行われており、駅員も始発の新橋と終点の豊洲にはいますが、他の駅は無人です。しかし、混雑時やイベント時などは係員がいることもあり、ほかにはないシステムを取っている鉄道でもあります。会社のシンボルマークはカモメで、紙の切符にも描かれています。

鉄道グッズ買取専門店「くじら堂」ではゆりかもめの鉄道部品・放出品などの買取にも力を入れております。
またゆりかもめを走った鉄道模型、関連する鉄道書籍、資料、硬券、DVDなどもまとめて買取可能です。
鉄道グッズ全般の整理をお考えの方がいましたら、ぜひ鉄道グッズ買取専門店「くじら堂」にお任せ下さい。


よろしければシェアお願いします

2018年4月に投稿した鉄道グッズ買取 くじら堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

お問合せ・買取のご依頼はこちら 鉄道グッズのほか玩具やコレクションアイテム 古本などもまとめて買取りできます!!

お電話からのお問い合わせは 0120-66-7457

受付時間:9:00~18:00定休日:月曜日

「鉄道買取専門店くじら堂」 出張対応サービスエリア

東京・埼玉・千葉を中心に上記の1都9県に出張買取りに対応しております。詳しくはこちらをご確認ください。 ※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

宅配買取りは、日本全国対応しております。※無料で宅配買取キットをご用意致します。

<鉄道グッズ買取専門店 くじら堂> 〒332-0003 埼玉県川口市東領家1丁目7-4-101 TEL:0120-66-7457 受付時間:9:00~18:00

 

古物商許可 埼玉公安委員会 第431030028350号

運営会社:株式会社イーライフ

PAGE TOP